手付金と手付金保証制度とは何か?

不動産における手付金の保証制度について書いています。

アパート・マンションの賃貸や、家の購入の際に必ず見かける「手付金」。一体これは何なのだろうか。早速インターネットで調べてみても法律の文書をコピペしたような内容ばかりでよくわかりませんよね。

手付金というものは賃貸や家の購入の際に契約成立の前提として購入者が売主(大家さんや不動産)に対して支払うお金で、いわゆる「契約金」といった意味合いになります。この手付金は契約後に買主が簡単に契約を破棄できないように設定されているもので、もし違反した場合には賠償として徴収され、重大な違反ならさらに倍返しといった決まりになっています。
契約金ですので、無事借りる・買うところまでいけば、この手付金は返還されます。大体の場合はこの手付金は入所にかかった費用や家賃何ヶ月分といった支払いにそのまま充当されます。

手付金はこのように購入者の違反回避のためのものですので、手付金の金額は売買金額の10%あたりが基本となっていて、それなりに高く設定してあります。しかし買主が不当な料金を請求されたり、思わぬトラブルに巻き込まれるケースもありますので、買主を守る制度として一般保証制度、いわゆる手付金保証制度というものがあります。これは不動産の取引が完了する前に買主が不動産業者に支払う金銭を不動産保証協会がカバーしてくれて、リスクや負担を軽減してくれています。不動産協会に所属している不動産業者ならば取引の際にこの制度を利用できます。むしろ所属していない不動産であれば、より慎重に契約を進めた方が良いでしょう。
この制度は、例えば買主が手付金を売主に支払った後に売主が倒産して物件の引き渡しが不可能になった場合などは不動産協会から返還措置をとってもらえます。ただし仲介会社を通して購入した際にはこの制度は適用されませんので注意してください。
またこの制度が適用されるのは建物、あるいは660㎡以下の宅地です。保証期間は証明書発行から引き渡しまで、あるいは所有権移転登記の終了するまでになります。
業者が売主である場合には一定額を超える手付金を受ける場合に保全措置を講じなければならず、また全宅保証では会員業者が売主の完成物件は手付金等保管制度、会員業者が媒介した場合でも手付金の保証制度を業界で先駆けて導入しています。

主な手付金と、その保証制度の仕組みは以上のようなものです。特にマイホーム購入の際にはこの手付金の額もかなり高額になるので、この制度を活用してリスクを分散しておくことをおすすめします。また少しでも怪しい不動産業者がいたら、この協会に所属しているかどうかを指標に業者を探し、なるべく限り保証制度を活用するようにしましょう。

不動産の中でも、最近好評を博しているのが坂戸の不動産ですね。
坂戸はよさこいが有名な街で、埼玉県の中央部に位置しており、人口10万人近くの街です。
東京23区や川越へ通勤する人が多く、ベッドタウンとして大変栄えています。
東武東上線が走っており、観光やイベント、祭事なども多く、家族や高齢者の方も住みやすいと人気を集めています。
坂戸の不動産には「マンション」や「一戸建て」、「アパート」に「テラスハウス」と4種類があるが、
昔ながらの住宅街と新興住宅のメリット・デメリットを把握しておく必要があるでしょう。
昔ながらの住宅街の場合は周辺の住民との関係性が非常に大事になってきます。
すでに深い関係性ができているため、新参者としてはその人たちとうまく付き合っていけるかどうかが問題ですね。
新興住宅地の場合は同じ世代の人が一斉に入居したりするので、友人関係も作りやすく、
学校や商業施設など暮らしに必要なものが大体揃っていることが多いですね。
これらのポイントを踏まえた上で、坂戸の不動産をご利用されることをおすすめ致します。

0c2d7d4a1eb62b89006ba57efd5442d2_s

手付金について知ろう